デザイン

美容室・美容院・サロンのホームページに限らず、ホームページで最も大切なことは、ホームページをどうするか?ではなく、ホームページで何をするか?(何を期待するか?)です。
美容室・美容院・サロンの場合、ユーザーが訪問し、店舗やブランドの理解を深め、新規顧客やリピーターを増やすことがゴールです。
そのためには、単純に「美容室のホームページはオシャレでなければダメ」「テンプレートを使うのはダメ」等といった議論はあまり意味が無いと分かります。
大切なことは、美容室・美容院・サロンとしてのホームページ設計に見合ったデザインです。

ゴールに最適なフラットデザイン

レスポンシブ×フラット

フラットデザイン

当サービスでは、基本構成(自社開発のオリジナルWordPresテンプレート)×お店の独自色(カラー、テイスト、雰囲気、写真等)×フラットデザインで構築することで、機能的でありながらも、お店の独自色を保ったデザインで、且つ成果を上げることが可能です。
特にフラットデザインは、スマートフォンやタブレット等に最適なレスポンシブと合わせて採用されるケースが多く、当サービスでもレスポンシブデザインとフラットデザインを取り入れています。

フラットデザインとは?

フラットデザイン

近年話題になっているフラットデザインには、明確な定義はありませんが、2014年頃からトレンドになっていて、質感や立体感がなく、グラデーションは使わず、シンプルなタイポグラフィやレイアウトながらも、目的や商品がはっきり目立つことが特徴として挙げられます。
凝ったデザインとは反対で、シンプルで無駄な要素を減らし、iPhone(iOS)やwindows8の画面、近年のGoogleサービスなどで使われています。

モバイル専用ナビゲーションメニュー

ユーザービリティを考慮した導線へ

ナビゲーション

スマートフォンやタブレットの重要性はこちらで説明いたしましたが、ホームページ内の回遊率を高めるためにも、ユーザビリティ(使いやすさ)は大切な要素です。

当サービスで作ったホームページでは、スマートフォンやタブレットで閲覧した場合は、パソコン版とは異なったナビゲーションメニューを使用します。

GoogleやFacebookなどのスマートフォンページやアプリなどでも見たことがある方も多いと思いますが、目的のページへ素早く移動できることで、直帰率や離脱率をおさえることができます。

WEBフォント

アイコンを効果的に使用

WEBフォント

昔からホームページでアイコンを目にする機会は多いと思いますが、近年のアプリ普及に伴い、視認性の高いアイコンは利用頻度も重要度も高まっています。
従来のアイコンは画像ファイルを表示していましたが、当サービスでは「WEBフォント」という技術を採用しています。
MSゴシックやメイリオ、ヒラギノなど、パソコンを利用する際に使用しているフォントと同様のアイコンを表示できるフォントを、サーバー上に設置することで、パソコンやスマートフォンに入っていないフォント=アイコンを表示できます。
画像ではなくフォントなので、表示速度も速く、拡大(や縮小)もキレイに表示でき、種類も多いなど多くのメリットがあります。

フラットデザインや最適化されたナビゲーションで構築されたな当サービス「美容室・美容院・サロンホームページ制作」をおすすめします!

お問い合わせ・ご相談はこちら

PAGETOP